So-net無料ブログ作成

お腹周りのダイエットに必要なのは?有酸素運動と無酸素運動の違い [ダイエット]

お腹周りのダイエットを行う時は、食事制限だけでは足りません。

バランスの良い適度な食事に加えて運動も必要になります。運動には有酸素運動と無酸素運動があり、それぞれ得られる効果が違います。



有酸素運度は穏やかな動きの継続的な運動であり、持久力が身に付きます。無酸素運動は激しい運動ですので体力がないと行うのが難しく、突発的な動きを高める働きがあります。



お腹周りのダイエットを行う時には内臓脂肪を落とす必要があり、内臓脂肪に効くのは有酸素運動です。酸素を多く取り入れながら行う運動ですので、体への負担が少なく続けやすいというメリットがあります。
無酸素運動の場合は酸素をあまり取り入れずに激しい運動を行うことになりますので、体内に乳酸という物質が溜まってしまい疲労の原因になります。

しかし、酸素を取り込みながら運動を行うと疲れにくく、長時間続けるのも苦になりません。


しかも、酸素が体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼してくれますので、効率良く内臓脂肪を減らすことができます。酸素を取り込みながら行える運動の代表格はウォーキングであり、ある程度の年齢になっても行える健康法として行われることの多い運動です。

ウォーキングは時々コースを変えたりして気分転換をはかりながら行えるのも続けやすい理由の一つです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。